L92が小さくなった!リニューアル前と後を紹介

【L92】飲み物が小さくなった!リニューアル前と後

L92が小さくなった

L92乳酸菌を配合した守る働く乳酸菌。

 

これは定番はこの容器でした。

 

 

200mlのやつですね。
実際、この200mlサイズのやつもちょくちょくリニューアルされていたりするんですが…。

 

 

画像を見ると、パッケージが違うのがわかりますよね。

 

 

ただ、今回は、もうそんなパッケージとかそういう話ではなく。
容器のサイズ的に大きく変わりました。

 

そんな守る働く乳酸菌のリニューアル前とリニューアル後を並べたのがこちら。

 

 

リニューアル前は200mlでした。
それがリニューアル後は100mlと半分になりました。

 

 

半分になって、多くの人は残念に思ったと思います。
でもうれしく思った人もいたかもしれません。

 

 

 

 

 

L92乳酸菌目当て?

200mlにも100mlにも、L92乳酸菌は同じ量が入っています。

 

なので、L92乳酸菌が目当てな人にとっては200mlは
「こんなにたくさん飲むのがめんどくさいな」
と思っていた人もいたと思います。

 

 

そういう人には、量が半分の100mlになったのは
「量が少なくなって、飲むのが楽になった」
という人もいると思います。

 

 

実際守る働く乳酸菌を買っている人は。
L92乳酸菌が目的で買っているはずです。

 

もし守る働く乳酸菌にL92乳酸菌が配合されていなければ。
多くの人は興味を持たなかったと思うので。

 

 

そういう点では、量が少なくなって
「これで毎日楽にL92乳酸菌を続けられる!」
なんて人もいるわけです。

 

守る働く乳酸菌は、普通にジュースみたいな飲み物でしたから。
甘い飲み物が苦手な人にも、量が少なくなったのはうれしかったと思います。

 

 

とくに高齢者になると
「甘いものが苦手」
というか。

 

「自分は自分の好きな飲み物を飲むからいいんだ!」
という人がいるので。

 

量が少なくなっても、L92乳酸菌がとれれば気にしない人もいるかと。

 

 

 

 

 

自分的には残念

やっぱり自分的には、量は少ないより多いほうがうれしいので。
量が少なくなったのは残念ですね。

 

 

そのかわりなのかはわかりませんけど。
ゼリータイプが登場しましたが。

 

ゼリータイプは値段が高いので。
毎日L92乳酸菌を続ける製品としては、かなり魅力に乏しいと思います。

 

 

L92乳酸菌が小さくなったことで
「ペットボトルの処分が楽になった」
という人もいるかもしれません。

 

まぁ200mlが100mlになってもそれほど変わらないと思いますけど。

 

 

後は
「小さいので保存が楽」
って人もいるかもしれませんね。

 

 

基本飲むヨーグルトのサイズって100mlぐらいですよね。

 

 

これを真似したのかもしれませんが。

 

守る働く乳酸菌はヨーグルトドリンクではないんだよなぁ…。

 

 

普通に清涼飲料水っていうの?
カルピスみたいな、さらっとした飲み物なわけで。

 

飲むヨーグルトの容器にするっていうのは、ちょっとやりすぎな気がしないでもない。

 

 

まぁメーカーとしては
「少しでもコストを抑えたい!」
って狙いもあるのかもしれませんが。

 

200mlの守る働く乳酸菌がなくなって。
100mlの守る働く乳酸菌にチェンジするとなると。
飲まなくなってしまう人も増えてくるかもしれません。

 

 

せっかく守る働く乳酸菌って人気商品になっていたのに。
こういうリニューアルはしないほうがよかったと思うんですけどね。

 

 

後は量が少なくなって、摂取カロリーも少なくなりましたが。

 

守る働く乳酸菌って、中身がかなり変わったんですよ。
昔は人工甘味料を使っていたのですが。
リニューアルされて、使われなくなりました。

 

 

その結果、リニューアルした守る働く乳酸菌は。
カロリーの量がすごいアップしたので。
その分、量を減らしたのかもしれません。

 

 

結局
「人工甘味料が嫌だ!」
って人の意見を聞き入れれば
「カロリーが多いのは嫌だ!」
って人の意見を聞き入れることができないので。

 

ここらへんは、消費者の意見に流されるのではなく。
メーカー側がしっかりしないといけなかった点かと思います。

 

いや、このリニューアルが正解なのか、それとも失敗なのか。
実際のところはわかりませんけどね。


ホーム RSS購読 サイトマップ