LB81乳酸菌のとりすぎは下痢になるか?

【LB81乳酸菌】とりすぎは下痢になるか?明治ブルガリアヨーグルトや飲むヨーグルト

LB81乳酸菌のとりすぎ

LB81乳酸菌のとりすぎは下痢になるか?

 

これは理由はわかっていないのですが、下痢になる人がいます。
LB81乳酸菌の関係ではなく、その製品のヨーグルトや飲むヨーグルトが原因かもしれません。

 

 

ヨーグルトや飲むヨーグルトは冷蔵品ですからね…。
よく夏に冷たいものを食べすぎて、おなかを壊してしまう人がいるように。
冷たいものを沢山食べると、下痢になることはあります。

 

 

LB81乳酸菌を配合した製品には、明治ブルガリアヨーグルトや飲むヨーグルトがあります。
これらの製品は大容量タイプがあるので、ついつい食べ過ぎてしまう人も多いと思います。

 

 

日本でヨーグルトシェア第1位とされている点からも。
よく口にするヨーグルトだと思います。

 

【LB81乳酸菌配合製品紹介記事はこちら】
LB81乳酸菌を配合したヨーグルトや商品を紹介!

 

その分、LB81乳酸菌で下痢になったのではなくても
「明治ブルガリアヨーグルトを食べた後に下痢になった」
ということがある人は多いかもしれません。

 

たまたま下痢になっただけでも、明治ブルガリアヨーグルトを口にすることが多い分
「LB81乳酸菌が下痢になった原因かも」
と思う人は少なくないと思いますね。

 

 

 

 

 

乳酸菌が原因なのかの判断が難しい

LB81乳酸菌が原因で下痢になったのかの判断が難しいです。

 

人間ヨーグルト以外にもいろいろ食べていると思いますし。
ヨーグルトとしか食べていなく、その後下痢になったとしても、LB81乳酸菌が原因で下痢になったとは断言できないかと思います。

 

 

ヨーグルトは乳酸菌だけでできているわけではなく。
生乳や乳製品が使われています。

 

 

ただ明治ブルガリアヨーグルトを食べた後に下痢によくなるのなら
「明治ブルガリアヨーグルトを食べたら下痢になる」
と考えることができます。

 

そうなると、乳酸菌との相性もあるので
「LB81乳酸菌との相性が悪い」
と考え、別のヨーグルトを試して様子を見るといいと思います。

 

 

乳酸菌で下痢になるというのは、理屈ではなく、実際にやってみないとわからないものです。
実際に乳酸菌によって下痢になる人は、いるようなので…。

 

LB81乳酸菌で下痢になると思ったのなら、LB81乳酸菌の摂取は諦めるべきだと思います。

 

 

人間、プラセボ(精神的)効果っていうのはとても大きいものです。
たとえば、芸能人がテレビで
「これはすごくおいしい」
なんて言っているのを見ると、そのものがおいしそうに見えて、実際に食べるとおいしく感じます。

 

周りが
「おいしい、おいしい」
なんて言っている食べ物はおいしく感じるものなんです。

 

 

本人が
「LB81乳酸菌で下痢になる気がする」
と思っているのなら、実際にその思いが下痢を引き起こしている可能性はあります。

 

不安というのは、体調を衰えさせます。
スポーツでも「流れ」なんて言葉をよく使いますよね。

 

流れがよければ、良い結果が出やすく。
流れが悪いと悪い結果がでやすいとされています。

 

でも流れなんて、誰にも見えません。
本人の精神(感覚)的なものでしかないんですよ。

 

 

でもわかると思いますが、緊張するといつもどおりのパフォーマンスができないことは多いと思います。
だから人間、経験や慣れが必要なわけで、逆に不安を感じているというのは、逆に悪い結果がでやすいです。

 

LB81乳酸菌に不安を抱いているのなら、それが下痢になっている可能性があるかと思います。

 

 

 

 

 

明治ブルガリアヨーグルトより飲むヨーグルトか

LB81乳酸菌のとりすぎになる可能性が高いのは、ヨーグルトより飲むヨーグルトタイプのほうだと思います。

 

 

ヨーグルトは100gでも十分満足できます。
100gのヨーグルトといえば十分な量があると思えますよね。

 

 

でも飲み物になると100gでは少ないと感じます。
一般的に多くの飲み物は200ml〜300mlぐらいあります。
自動販売機の飲み物を考えても、100mlでは少ないと感じると思います。

 

 

どうしても飲み物というのは、コップに入れて飲むのなら多く飲んでしまいがちなんですよね。

 

 

ヤクルトの容器は65mlだっけかな。
ヤクルト400の容器で80mlです。

 

 

ヤクルトを飲んで
「量が少ない!」
と思うかもしれませんが、乳酸菌飲料はこのぐらいの量で十分だと言えるのかもしれません。
いや、正解なんてないんですけどね。

 

 

でもLB81乳酸菌をとりすぎてしまうのなら、それはヨーグルトより飲むヨーグルトのほうだと思います。
自分も一時期明治ブルガリアヨーグルトをゴクゴク飲んでいたときがありました。

 

 

そのときは下痢になったとかはありませんでしたが。
「これ、太るな」
と思いました。

 

飲むヨーグルト系は甘いですし、ジュース感覚で飲んでしまう人もいると思います。
ジュースになると200ml〜300mlぐらいがあたりまえです。

 

 

でもジュース感覚で飲むヨーグルトを飲むのはカロリーの点でも多くなってしまいがちです。

 

 

なのでLB81乳酸菌のとりすぎに気をつけるのなら、飲むヨーグルトタイプに気をつけるべきだと思います。
1回に200ml飲んだとしても、朝昼晩に飲んだとすれば600ml飲んだことになります。

 

ヨーグルトタイプのほうは、大丈夫だと思います。
1個450gで、これを1日で食べたとしても飲むヨーグルトと比べれば少ないですからね…。

 

 

ヨーグルトの理想は、1日100gだとされています。
それを朝昼晩で100g食べたとしても、300gですから…。

 

 

ヨーグルトと飲むヨーグルトでは、大容器タイプの量自体が違うのが大きな点だと思います。
明治ブルガリアヨーグルトは1つ450gです。
一方の飲むヨーグルトのほうは、1つ900gかな。
昔は1000mgだったんですけどね。

 

 

パッケージが変わって、飲むヨーグルトの量が100mg減ったんですよね。
それでもヨーグルトと比べれば、2倍の量があるわけです。

 

 

乳酸菌は量を沢山とれば効果が高くなるというわけでもありません。
大事なのは、断続して乳酸菌を摂取することです。

 

そう考えると、1日100gを目安に食べたり飲んだりすればいいと思います。
飲むヨーグルトになると100mgでは足りなく感じる人もいると思うので、200mgを目安にするといいかもしれません。

 

さすがに1日500mgを超えるととりすぎになってくるかと。
自分の主観でしかないですけど。

 

ヨーグルトを500gも食べる人は少ないと思います。
でも飲むヨーグルトになると、500mgを飲むことはできちゃうんですよねぇ。

 

【LB81乳酸菌配合製品紹介記事はこちら】
LB81乳酸菌を配合したヨーグルトや商品を紹介!

 

LB81乳酸菌は明治ブルガリアヨーグルトに配合されているので、摂取しやすい乳酸菌です。

 

ただ口コミや評判を見ていると
「明治ブルガリアヨーグルトで下痢になった」
という人は、あまり見かけない気がします。

 

 

それは明治ブルガリアヨーグルトにそこまで高い効果を期待していないからかもしれません。
高い効果を期待していると、逆に
「副作用もあるのでは?」
と不安になります。

 

薬なんかは、強い効果があるものほど副作用もあるイメージがありますからね。

 

 

明治ブルガリアヨーグルトは定番のヨーグルトで、多くの人が購入しています。
なので、安心して食べれるというイメージがついているので、下痢になる人も少ないのかもしれませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ