乳酸菌いつ摂取食後

乳酸菌は食後に摂取すると効果が高い?

乳酸菌は食後に摂取すると効果が高い?

Q.乳酸菌はいつ摂取すると効果が高いの!?

 

乳酸菌はいつ摂取してもよいものだとされています。
大事なのは、いつ摂取するのかではなく、断続して乳酸菌を摂取するのが重要となります。

 

 

ただよく言われていることでは

食後に乳酸菌を摂取すると胃酸が弱まっているので、生きて乳酸菌が腸まで届きやすい

とされています。
生きて乳酸菌が腸に届くことで、善玉菌が増やすく腸内環境が整いやすいです。

 

食後にヨーグルトを食べればデザートにもなります。
食後に甘いデザートを食べると砂糖の影響で悪玉菌が増えやすいですが、ヨーグルトを食べれば、乳酸菌が善玉菌を増やしてくれます。

 

 

食後に乳酸菌摂取をおすすめします。
自分は自由に乳酸菌を摂取していますけどね!!

 

時間を決めて乳酸菌を摂取するというのは、乳酸菌の摂取を忘れることが少なくなる点でもおすすめです。
習慣づきますから。

 

 

 

 

 

ヤクルトレディも食後にヤクルトを飲むように言っていた

自分は乳酸菌に知識がありますけど、そんなの見た目でわかるはずもなく。

 

ヤクルトレディからヤクルト400を買ったときに、ヤクルトレディから
「ヤクルトは食後に飲むと効果が高いですよ」
なんて言われました。

 

 

まぁヤクルトのほうでもやっぱり食後にヤクルトを飲むと効果が高いというのを推奨しているようですね。
ヤクルトって
「いつ飲んでもいい」
ってされていますけど。

 

本音をいえば、食後に飲むと効果が高いというわけなんだと思います。
いや実際どうなのかは知りませんけど。

 

ヤクルト社も一般論に乗っかっているだけかもしれません。
まさかヤクルトレディの独断でそうアドバイスしているわけではないと思いますし。

 

 

でもヤクルトレディも
「食後にヤクルトを飲むと効果が高い」
と自分にアドバイスをしていたので、食後に乳酸菌を摂取するのが有効なんだと思いますね。

 

 

実際乳酸菌はいつ摂取してもいいんですよ。

 

でも効果を期待したいのなら、食後に乳酸菌を摂取すると効果が高いかもしれません。
周りが
「食後に乳酸菌を摂取すると効果が高い」
と言っているので、そういう気持ちにもなれますから。

 

健康って
「健康にいいことをしているな」
と思うことをするのも大事なことです。
精神的な効果が良い影響を与えてくれるわけです。


ホーム RSS購読 サイトマップ