乳酸菌は生きて腸に届かない

乳酸菌は生きて腸に届くのか?届かない可能性のほうが高い

乳酸菌は生きて腸に届かない

よく強い乳酸菌は生きて腸に届くなんて言われていますけど。
普通に考えて、その可能性はかなり低いといえると思います。

 

それは人間には胃酸があるので、胃酸がある以上、菌なんて死菌になるわけです。
ただ、その死菌もなんかの餌になるとか言われていますから。
その死菌になった菌も腸内環境にはいいというか。

 

そもそも乳酸菌の中には、死菌となった菌を配合した製品もありますから!!

 

 

だから、生きて乳酸菌が腸まで届ければいいとされていますけど。
胃酸がちゃんと働いていれば、まぁそんなに届かない気がします。

 

 

まぁでも逆にカビとか食べたら、お腹を壊したりするケースもあると思うので。
どんなに胃酸があっても、影響を与える菌っていうのは存在するのだと思います。

 

でも乳酸菌がそこまで強烈だったら、嫌な気がするんですけどね。

 

 

 

 

 

乳酸菌は腸にいいのか?

最近思うのは、乳酸菌って腸にいいのかって話です。

 

たとえば、ヨーグルトには乳酸菌が配合していて、腸によさそうですけど。
漬物とかも、菌がいますけど、漬物を食べたら腸にいいのか?

 

 

最近はお菓子なんかにも、乳酸菌が配合されていますけど。
じゃあ乳酸菌を配合したお菓子は、腸にいいのか?

 

 

なんか少し疑問が残ります。
ただ、乳酸菌を取った人が
「便秘がよくなった」
と言っている人がいるわけで。

 

乳酸菌がどうこう以前に、そういう効果を実感している人がいるのなら。
まぁあーだこーだいうのも野暮なのかもしれません。

 

 

大事なのは結果ですから。
乳酸菌というのが、なにも効果がないものでも。
結果がでているのなら、それは認めざるをえないです。

 

そして人間というのは、プラセボ効果といえばいいでしょうか。
そういう精神的なもので、結構体調が変わります。
でも、これは当然と言えば当然なんですよ。

 

 

だって、緊張とかしたら、うまくいかないケースとかありますよね。
緊張なんて、精神的なものからくるものだと思いますから。

 

プラセボ効果というのは、十分ありえるというか。
むしろそっちを突き詰めていったほうが、体には影響力の高いなにかを見つけられそうな気がします。

 

 

 

 

 

生きて腸まで届くと思ったほうがいい

まぁそういう感じで、乳酸菌は死菌になってもいいんですが。
生きて腸まで届くと思ったほうが、プラセボ効果的にいいと思います。

 

実際のところ、乳酸菌をとった後の自分の腸を見ることなんてできませんから。
自分の腸を見たところで、乳酸菌がどうなったのかなんて確認できないですよね。

 

 

ヨーグルトを見て
「あ!乳酸菌がいた!!」
とか裸眼で見れる人はいないと思います。

 

 

なので、こういうところはなんとなくというか。
【自分の信じる道を行け】
って感じなんだと思います。

 

 

だからこういうのは、頑固っぽい人ほど、自分の思ったことを信じそうなので。
そういう人が有利な気がします。

 

そういう人なら、乳酸菌の摂取も続けやすいと思いますから。
実際乳酸菌が本当に体によかったりするのなら、すごくよさそうですよね。

 

 

自分は乳酸菌をもう10年以上とっていますけど。
それでも、乳酸菌というものは
「ん?」
と思ったりするというか。

 

メーカーの、いいかねづるというかな。
そういうものになってしまっている気がしますね。

 

 

メーカーも
「乳酸菌を配合すれば、おまえらちょっと高くても買うんだろ?」
な感じで、乳酸菌をばんばん配合している気がします。

 

乳酸菌といえば天下のヤクルトさえも、そういう感じになっているんだから、どうしようもない。

関連ページ

乳酸菌とインフルエンザワクチン 効果が高いのはどちら?
乳酸菌とインフルエンザワクチン。どちらが効果が高いでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ