乳酸菌とインフルエンザワクチン

乳酸菌とインフルエンザワクチン 効果が高いのはどちら?

乳酸菌とインフルエンザワクチン効果が高いのはどちら?

 

乳酸菌はインフルエンザ予防になるといわれています。

 

そしてインフルエンザの予防の代表的な対策としてインフルエンザ予防接種があります。
ワクチンを体内に入れることにより、インフルエンザの感染を予防します。

 

乳酸菌とワクチンどちらが効果が高いのか紹介します。

 

乳酸菌は免疫力を高めてウイルスへの抵抗力を高める

乳酸菌のインフルエンザ対策は、免疫力を高めてウイルスに対する抵抗力を高めるというものです。

 

 

簡単にいえば、乳酸菌は免疫力を高める1つの方法なんです。

 

 

乳酸菌摂取で免疫力が高めれば、インフルエンザにかかる可能性を減らすことができます。
インフルエンザウイルスを免疫細胞がやつけてくれるわけです。

 

ただ乳酸菌を摂取しても、不規則な生活をして免疫力が高まらなければ、インフルエンザに感染する確率は高いままです。
乳酸菌が直接インフルエンザと戦うのではなく、あくまでもインフルエンザウイルスと戦うのは、自分の体の免疫力(免疫細胞)です。

 

 

ワクチンは病気を体に注入!インフルエンザに慣れさせる!

ワクチンってどういうものかわかっていない人が多いです。
実は自分もワクチンってよくわかっていませんでした。

 

だからググりました。
すると素晴らしくわかりやすく紹介しているサイトがありました。

 

【ワクチンについて紹介したサイトはこちら】
http://www.i-madoka.com/Vaccine.html

 

 

ワクチンというのは、もう弱りかけている病気なんです。
それを体の中に入れることにより、体がその病気に対しての慣れといえばいいでしょうか。
対応力をつけるというものです。

 

 

人間どんなことでも、練習してうまくなっていきます。
プロ野球選手も、もとから野球がうまいわけではなく、練習してうまくなったのは共通しているはずです。

 

1つも練習しないでうまい人なんていないでしょう。
それと似ているかもしれません。

 

 

ワクチンはものすごく軽いインフルエンザの病気なんです。
でも軽いものですから、すぐにインフルエンザウイルスを自然治癒力で対処できます。

 

そうなると、体に一度インフルエンザのウイルスに対処した経験ができます。
その結果、インフルエンザウイルスに対する抵抗力(対応力)が身につくわけです。

 

体がインフルエンザウイルスが入ってきても
「こいつは前にやつけたことがあるぞ」
となって、インフルエンザウイルスに対する抵抗力ができるわけです。

 

 

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンといわれ、ワクチン自体の感染力の強さはほとんど0に近いです。
一時的ながら病気を予防できるとされています。

 

インフルエンザは季節限定で流行する病気ですから、このタイプなんでしょうね。
だから、毎年インフルエンザの予防接種が必要だとされているわけです。

 

 

乳酸菌とインフルエンザワクチンおすすめはどちら?

人間の健康を考えれば、乳酸菌で免疫力を高めるのがおすすめです。

 

 

でもインフルエンザ対策だけに特化するのなら、インフルエンザワクチンもいいでしょう。
でも、ワクチンは結局インフルエンザ対策に対する力を高めるだけなんです。

 

乳酸菌なら免疫力が高まることで、いろいろな病気から体を守ることができます。
ただこれは免疫力が高まることが前提となります。

 

乳酸菌を摂取しても免疫力が高まらなければ、なにも意味がありません。

 

 

そういった点を考えて乳酸菌でインフルエンザ対策をするか。
ワクチンでインフルエンザを予防するか。
選択するといいでしょうね。

 

両方やるのもいいですよ。

 

プロテクト乳酸菌はインフルエンザワクチンの効果を高める

プロテクト乳酸菌は、インフルエンザワクチンの効果を高める効果がある乳酸菌です。

 

 

【プロテクト乳酸菌について紹介はこちら】
プロテクト乳酸菌はインフルエンザワクチンを強める効果

 

インフルエンザワクチンの予防接種を受けた人は、プロテクト乳酸菌の摂取がおすすめです。

 

プロテクト乳酸菌にこだわらなくても、乳酸菌の摂取は免疫力を高めるサポートになるので、チャンスがあるのなら乳酸菌を摂取するのがおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ